リングデザインが特徴のソニーの新型ワイヤレスイヤホン「WF-L900」の一部仕様や価格情報が明らかに

(WF-L900の製品画像)

ソニーは日本時間の2月16日に新型ワイヤレスイヤホン「WF-L900」(製品名は「LinkBuds」)を発表するとみられていますが、ドイツのWinFutureが、「WF-L900」の一部仕様や価格に関する情報を報告しています。

「WF-L900」に関しては、これまではデザイン面に関する特徴しか分かっていませんでしたが、WinFutureによると、同製品は「WF-1000XM4」にも搭載されているソニー独自のV1プロセッサを搭載し、ソニーが独自開発した高音域補完および微小音再現技術の「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」に対応し、圧縮ファイル形式でも忠実なサウンドを再現するとのこと。

同製品は、耳がイヤホンで塞がれていないような感覚を与えるデザインと設計が特徴で、バックグラウンドで音楽を再生しながらでも問題なく会話することが可能で、リングドライバーの直径は12㎜となっているそうです。

また、環境に応じて音量を上げ下げするボリュームコントロール機能も搭載されている他、音声ピックアップ技術や通話時のノイズキャンセリング機能が搭載され、AIモデルにより周囲の雑音を排除したクリアな音声再生が可能になるようです。

操作は本体に触れる必要のない特殊なタッチシステムが採用されており、ユーザーは耳の前をタップして操作する形になる模様。

本体の重量は片耳4gで、IPX4の防滴仕様となっており、AlexaやGoogleアシスタントに対応している他、Google Fast Pair、Multi-Pairing、HD Voiceなどの機能もサポートしています。

内蔵バッテリーは音楽再生のみだと最大5.5時間で、充電ケースを利用することで最大12時間追加で利用可能になり、価格は200ユーロ(約26,500円)ほどになる見込み。

なお、同製品の発表は海外では2月16日午前2時から、日本では2月16日午前10時からとなっています。(両方とも日本時間)

ソニーの2月16日の発表はやはり新型イヤホンの「WF-L900」か − 海外では日本より少し早く発表へ ソニー、新型ヘッドフォンか新型イヤホンを2月16日に発表へ − ティザーページを公開 変わったデザインが特徴のソニー製新型ワイヤレスイヤホン「WF-L900」の製品画像が更に流出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。