Microsoft、「Surface Pro 7+」の一般向け通常モデルを発売 − タイプカバー同梱の数量限定モデルもまだ在庫あり

本日、日本マイクロソフトが、「Surface Pro 7+」の通常モデルの一般向け販売が開始されました。

「Surface Pro 7+」はこれまで法人向けにのみ販売されてきたモデルで、2019年10月に発売された「Surface Pro 7」をベースに、CPUが第11世代Coreプロセッサにアップグレードされているのが特徴。

一般向けモデルの仕様は下記の通りで、1月29日よりタイプカバーが同梱された数量限定モデルが発売されていましたが、通常モデルは本日発売となります。

・CPU:Core i5-1135G7
・メモリ:8GB
・ストレージ:128GB SSD
・ディスプレイ:12.3型液晶(2736×1824ピクセル、タッチ操作/ペン入力対応)
・フロントカメラ:約500万画素
・リアカメラ:約800万画素(AF対応)
・ワイヤレス:Wi-Fi 6 / Bluetooth 5.0
・OS:Windows 11 Home
・Microsoft Office:付属(Office Home & Business 2021)
・カラー:プラチナ

なお、通常モデルの価格は131,780円(税込)からとなっており、先日発売されたタイプカバー同梱の数量限定モデル(119,680円)もビックカメラなどでまだ在庫があるので、購入する場合は数量限定モデルをオススメします。

Surface Pro 7+ – Microsoft Store
Surface Pro 7+(数量限定モデル) − ビックカメラ.com
Surface Pro 7+(数量限定モデル) − ソフマップ・ドットコム
Surface Pro 7+(数量限定モデル) − ヨドバシカメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。