「Nintendo Switch」の世界累計販売台数が1億台を突破

本日、任天堂が、「Nintendo Switch」の世界累計販売台数は1億台を突破したことを発表しました。

これは同社の2022年3月期第3四半期の決算説明の中で明らかにされたもので、「Nintendo Switch」「Nintendo Switch 有機Eモデル」「Nintendo Switch Lite」の3モデル合計の数字となっています。

「Nintendo Switch」シリーズは、生産や物流の遅延の影響を受け、特に北米ではブラックフライデー後から品薄の状態となったものの、過去2番目の水準で販売を伸ばしているとのことで、ソフトウェアの販売も、2021年10〜12月期はNintendo Switch発売以来で最大規模になったようです。

なお、売上高は前年同期比6.0%減の1兆3,202億円で、純利益は同2.5%減の3,673 億円となっています。

2022年3月期第3四半期 決算説明資料(PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。