「macOS 12.2」の一部ユーザーからスリープ中でもバッテリー残量が減る問題が報告される

Appleは先週に「macOS Monterey 12.2」をリリースしましたが、MacRumorsによると、「macOS Monterey 12.2」にアップデートした一部のユーザーから、スリープモード時でもMacのバッテリー残量が減る問題が報告されていることが分かりました。

問題は同サイトのフォーラムRedditTwitterなどで報告されているものの、その発生範囲は不明で、問題の影響を受けているユーザーによると、「macOS Monterey 12.2」にアップデートしてからスリープモードにしてあったMacのバッテリーが一晩で100%から0%に減っていたそうです。

数名のユーザーがTerminalで原因の特定を試みたところ、Bluetoothアクセサリが頻繁にスリープ解除を引き起こし、バッテリーを消耗させていることが分かったようで、この問題はIntel搭載MacとM1搭載モデルの両方で報告されています。

Bluetoothをオフにするか、Bluetoothアクセサリを全て外すことで問題が発生しなくなるとの報告があるものの、理想的な解決にはなっておらず、Apple側の修正を待つしかないのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。