「iOS 15.4」ではProMotionディスプレイの120Hz表示がサードパーティ製アプリでも可能に

「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」には最大120Hzのリフレッシュレートで動作するProMotionディスプレイが搭載されているものの、ほとんどのサードパーティ製アプリでは60Hzでの動作に制限されているのですが、MacRumorsによると、本日リリースされた「iOS 15.4 beta 1」では全てのアプリで最大120Hzのリフレッシュレートが利用可能になっていることが分かりました。

Appleはサードパーティ製アプリで最大120Hzのリフレッシュレートが利用出来ない件について、Core Animationのバグで、将来のアップデートで修正すると明らかにしていました。

「iOS 15.4 beta 1」ではこのCore Animationの問題が修正されたようで、アプリが自動的にすべてのアニメーションに対して120Hzのリフレッシュレートを提供していることが確認されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。