「Surface Laptop Studio」の国内発売は3月1日に − 本日より予約受付開始

本日、日本マイクロソフトが、昨年9月に発表した「Surface Laptop Studio」を国内で3月1日に発売すると発表しました。

「Surface Laptop Studio」は「Surface Book」シリーズの後継モデルで、取り外し可能なディスプレイを廃止し、手前に引き出すことでノートパソコンからタブレット(スタジオモード)へと変化するディスプレイを採用しているのが特徴。

ディスプレイは14.4インチのPixelSenseディスプレイで、最大120HzのリフレッシュレートとDolby Visionに対応しており、ディスプレイの位置でラップトップ、ステージ、スタジオの3つの形態で利用可能です。

また、Thunderbolt 4に対応した2つのUSB-Cポートの他、Surface Connectポート、3.5㎜イヤホンジャックが搭載されており、ガラス製のタッチパッドには触覚フィードバックが採用され、CPUは第11世代Coreプロセッサ、GPUはNvidiaのRTX 3050 Tiを搭載しています。

国内での価格は209,880円からとなっており、公式オンラインストアや大手家電量販店などで本日から予約受付が開始されます。

Surface Laptop Studio – Microsoft
ビックカメラ.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。