「Windows 11」でAndroidアプリを実行できる機能、来月にパブリックプレビューとして提供開始へ − タスクバーの改善なども

本日、Microsoftが、「Windows 11」向けに来月にリリースする新機能を発表しました。

これら新機能は当初の計画では2022年中頃に提供予定だったものの、早く提供出来るようになったことから来月に提供を開始するとのこと。

来月のアップデートでは、AndroidアプリをWindows 11で利用出来る機能のパブリックプレビュー、通話のミュートとミュート解除機能、ウインドウの共有の簡素化、タスクバーへの天気の表示などのタスクバーの改善、新しいデザインの「メモ帳」および「Media Player」アプリの導入など、Windowsに新しい体験が提供される予定です。

公式ブログ − Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。