「Microsoft Teams」の月間アクティブユーザー数は2億7,000万人に

本日、米Microsoftが、コラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」の月間アクティブユーザー数(MAU)が2億7,000万人に達していることを発表しました。

これは本日開催された同社2022年第2会計四半期(2021年10~12月)の業績発表の際に明らかにされたもので、同サービスの月間アクティブユーザー数は、今年7月の時点で2億5,000万人だった為、約半年で2,000万人増加したことになります。

現在、全米総収入ランキング上位500社であるFortune 500企業の90%以上がTeams 電話を利用している他、工場や店舗など現場の最前線で働くフロントラインワーカー(別名:エッセンシャルワーカー)によるTeamsの使用率も増加しており、フロントラインワーカーのTeamsの利用率は前年比2倍になったそうです。

なお、月間アクティブユーザー数(MAU)とデイリーアクティブユーザー数(DAU)の推移は下記の通りですが、DAUは2021年4月以降は発表されていません。

【Microsoft TeamsのDAUの推移】
・2020年4月:7,500万人
・2020年10月:1億1,500万人
・2021年4月:1億4,500万人

【Microsoft TeamsのMAUの推移】
・2021年7月:2億5,000万人
・2022年1月:2億7,000万人

[via Windows Central

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。