Google、コードネーム「Project Iris」と呼ばれるARヘッドセットを開発中か

AppleはAR/VRヘッドセットを開発していると噂されていますが、The Vergeによると、GoogleはARヘッドセットを開発していることが分かりました。

プロジェクトに詳しい2人の関係者によると、2024年の出荷を目標として内部コードネーム「Project Iris」と呼ぶARヘッドセットの開発を強化しており、既存のARメガネよりも没入感のあるMR体験を実現することを目指しているようです。

ハード面としては、「Pixel」シリーズと同じ自社のカスタムプロセッサを搭載し、OSにはAndroidを採用しているようですが、同社は独自のOSを開発するための人材募集も行っており、「Pixel」チームがハードウェアの一部に関与しているものの、ヘッドセットの正式名が「Pixel」ブランドになるかどうかは不明とのこと。

また、同社内では同プロジェクトは厳重に管理されており、特別なカードキーと秘密保持契約を必要とする建物の中で開発されていて、同デバイスの開発に関わるコアチームは約300名で、同社はさらに数百人を雇用する予定のようです。同プロジェクトの責任者は、超高解像度ビデオチャットブース「Project Starline」の担当でもあるClay Bavor氏で、サンダー・ピチャイCEOの直属の部署となっている模様。

なお、開発はまだ初期の段階の為、2024年という目標は変更される可能性があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。