「Mac Pro」が最後にAppleシリコンへ移行するMacになる模様 − 今年第4四半期までに移行を完了へ

Appleは2020年6月に開催した「WWDC20」において、今後2年間でMacのApple シリコンへの移行を完了させる予定であることを明らかにしましたが、リーカーのDylan氏が、Appleは2022年第4四半期までにApple シリコンへの移行を完了させるだろうと報告しています。

また、最後に移行されるMacは「Mac Pro」になるとのこと。

さらに、「Mac Pro」向けのApple シリコンはM2チップの拡張モデルではなく、M1チップをさらに拡張したもので、M1 Maxを超えるチップになる模様。

なお、これまでの情報では、最大40コアのCPUと128コアのGPUを搭載した小型の「Mac Pro」が、新型「Mac mini」と新しい大型の「iMac」と共に年内に発売されると噂されています。

Apple、年内にAppleシリコンを搭載した小型の「Mac Pro」を発売か − 新型「Mac mini」や新しい大型の「iMac」も登場予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。