「iPhone 14」は引き続きノッチ有りでベゼル幅も変わらないとの情報

(画像はiPhone 13)

リーカーのShrimpApplePro氏が、Appleが今年発売するであろう「iPhone 14」シリーズのディスプレイ周りのデザインに関する情報を報告しています。

同氏が報告しているのは”Pro”モデルではない「iPhone 14」のディスプレイデザインで、ノッチはより洗練されるものの小型化されないようで、フロントカメラの穴がより大きくなるとのこと。

フロントカメラの穴が大きくなるのは、より広角なカメラにアップグレードされる為とみられており、もしかしたらFaceTimeなどのビデオアプリを使用する際に、機械学習能力を使って前面の超広角カメラを調整し、動き回っても自分やほかのユーザを常にフレーム内に収めてくれる「センターフレーム」の機能が利用可能になる為かもしれないとも予想しています。

また、ディスプレイ周りのベゼルの幅は変わらない模様。

なお、同氏は過去に「Apple Watch Series 7」のデザインなどの正確な情報をリークした実績があり、「iPhone 14」の”Pro”シリーズのデザインが確定するまでにはまだ数週間かかるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。