「watchOS 8.3」を搭載した「Apple Watch Series 7」で正常に充電出来ない問題が報告される

MacRumorsによると、「watchOS 8.3」にアップデート後に一部ユーザーから「Apple Watch Series 7」が正常に充電出来ない問題が報告されていることが分かりました。

苦情の多くはサードパーティ製の充電器を使用しているユーザーから寄せられており、サードパーティ製の充電器を使用した際に充電出来ないといったもので、多くの場合は数分間充電出来た後に突然充電が停止する模様。

「Apple Watch」を再起動することで再度充電出来るようになるものの、また同じことが繰り返され、恒久的な解決策にはならないようで、他にも、充電が非常に遅くなるといった問題なども報告されているようです。

なお、Appleは「watchOS 8.1.1」で一部のユーザーで「Apple Watch Series 7」が正常に充電出来ない不具合を修正しましたが、不具合がまだ残っていたのか、また新たな原因により発生しているのかは不明です。

Apple、「watchOS 8.1.1」をリリース – 一部でSeries 7が充電出来ない問題を修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。