ソフトバンク、他社移行後もキャリアメールが利用可能な「メールアドレス持ち運び」を提供開始

NTTドコモとauに続き、ソフトバンクも「ソフトバンク」と「ワイモバイル」のメールアドレスを他社に乗り換えても利用できるサービス「メールアドレス持ち運び」の提供を開始しました。

料金は1メールアドレスにつき年間3,300円で、2022年夏以降は月330円の月額払いにも対応する予定です。

対象のメールサービスは、ソフトバンクの「S!メール(MMS)」と「Eメール(i)」、ワイモバイルの「MMS」と「Y!mobile メール」となっており、ソフトバンクおよびワイモバイルの契約を終了した翌日から31日以内に「My SoftBank」から申込みが必須となっています。

ニュースリリース

au、他社移行後もキャリアメールが利用可能な「auメール持ち運び」を12月20日より提供開始 − 月額330円 NTTドコモ、他社移行後もキャリアメールが利用可能な「ドコモメール持ち運び」を12月16日より提供開始 − 月額330円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。