エム・エス・シー、ドローン操作やゲームで使えるスマホ向け有線型コントローラー「ROTOR RIOT」を発売

エム・エス・シーが、ドローン操作やゲームで使えるスマホ向け有線型コントローラー「ROTOR RIOT」を発売しました。

本製品は、iPhone、iPad、iPod touchなどのiOSを搭載したLightning接続のデバイス用とandroidOSを搭載したUSB-C接続デバイスに使用できるコントローラーとなっており、ジョイスティックにL3とR3ボタンをサポートし、有線接続の為、遅延が少なく安定した操作を実現しているのが特徴です。

また、コネクタにL字型ケーブルを採用したことで、ゲームプレイ時のケーブル取り回しが便利になった他、一部のゲームで利用ができるメニューボタンとオプションボタンが装備され、画面をタップしなくてならない操作が減ることで、さらに快適にゲームに没頭することが可能です。

専用アプリ「Ludu Mapp(英語)」をダウンロードすることで対応しているゲームアプリを探すことが可能で、2021年11月現在で1,000以上のアプリに対応しています。

Ludu Mapp

Ludu Mapp

T2M無料

さらに、ドローン操作アプリを通じて、一般的なドローンも操作でき、別途、VRゴーグルを使うことで、手軽にFPV(一人称視点)での操作も可能になり、あたかも自分がドローンの操縦席でパイロットになったかのような臨場感あふれる映像を楽しむことが可能です。

スマートフォンを固定できる「ZERO-G(無重力)デバイスホルダー」が付属しており、コントローラーを持つ際にスマートフォンの重さで操作しづらくなる事を抑えている他、ゲーミングのためのパワーパススルー充電として、LightningコネクタまたはUSB-Cコネクタを装備しており、パワーパススルー充電が行え、本製品とスマートフォンなどのデバイスを接続したまま充電が可能です。

なお、価格はiOSデバイス向けとAndroidデバイス向けのどちらも6,400円(税込)で、詳細は下記の公式サイトをご覧下さい。

公式サイト(iOS版)
公式サイト(Android版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。