次期「iPhone SE」は来年3月に発表か − 5G対応が特徴に

以前よりAppleは次期「iPhone SE」を開発中と噂されていますが、MacRumorsによると、台湾の調査会社であるTrendForceが、Appleは次期「iPhone SE」を2022年第1四半期(1〜3月)に発表する予定だと報告していることが分かりました。

次期「iPhone SE」はミッドレンジモデルに変わりないものの、新たに5Gへの対応が追加される予定で、今回の情報が正しければ来年3月に何らかの動きがあるものと予想されます。

なお、Appleは2022年には第1四半期に次期「iPhone SE」を投入し、2022年後半に4モデルから構成される次期「iPhone」シリーズを発売する計画とのこと。

これまでの情報では、次期「iPhone SE」は4.7インチディスプレイやTouch ID内蔵ホームボタンを有する現行モデルと同じデザインが採用され、これにA15チップの搭載や5G通信のサポートが追加されると言われています。

次期「iPhone SE」は5Gに対応するもののデザインは現行から変わらない模様 − 来春に発売か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。