エム・エス・シー、ハイブリッドANC搭載新型ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW33」を発売

本日、エム・エス・シーが、新型ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW33」を発売しました。

本製品は、独自のエルゴノミクスデザインで耳とのフィット感を高め、物理的なノイズを低減させるパッシブノイズアイソレーションと、フィードフォワード方式/フィードバック方式を併用した「高性能ハイブリッドANC」をかけ合わせ、不要な周囲ノイズを大幅にカットしてくれるのが特徴の完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

ハイブリッドANC搭載イヤホンは機能の特徴上、本体重量が重くなり、装着時の見た目の悪さや長時間使用時の疲労の原因となっていましたが、本製品では軽量設計を追求した結果、片耳わずか約4gの装着感を感じさせない軽さを実現しています。

また、環境音や話し声などの聞くのに便利な「外音取込モード」や、動画視聴時やゲームプレイ時に映像と音声がズレてしまう不快な遅延現象を改善する「ゲーミングモード」を搭載しており、バッテリー駆動時間はイヤホン単体で約8時間、充電ケースと併用することで最大約27時間の利用が可能です。また、15分の充電で約2時間使用できるクイックチャージにも対応しています。
(ノイズキャンセリング/外音取込/ゲーミングモードを使用した場合、再生時間は3割程度短くなります)

他にも、IP54相当の防水・防塵設計で、BluetoothはVer 5.2 Class2、コーデックはSBCとAACに対応し、対応Bluetoothプロファイルは、A2DP(オーディオ)、AVRCP(リモートコントロール)、HFP(ハンズフリー)、HSP(ヘッドセット)となっています。

なお、カラーはブラック×シルバー、グリーン×ゴールド、レッド×ブラックシルバー、マットホワイト×シルバーの4色展開で、価格は8,800円(税込)となります。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。