Apple、「watchOS 8.1」をリリース

本日、Appleが、「watchOS 8.1」をリリースしました。

「watchOS 8.1」では、ワークアウト中の転倒を検出するアルゴリズムを強化し、ワークアウト中のみ転倒検出を有効にするオプションが追加されました。(Apple Watch Series 4以降)

また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種カードへの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットから提示することが可能なった他、Apple Watch Series 5以降の一部のユーザで手首を下ろしているときに、“常にオン”で時刻が正確に表示されない場合がある問題が修正されています。

なお、対応のデバイスでは連携している「iPhone」の「Watch」アプリの「一般>ソフトウェア・アップデート」よりアップデート可能です。

watchOS 8 – Apple

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。