iFixit、「Apple Watch Series 7」の分解レポートを公開

iFixitが、「Apple Watch Series 7」の分解動画やレポートを公開しています。

分解して明らかになったのは、まずはバッテリーの容量でSeries 7とSeries 6の各モデルのバッテリー容量は下記の通りで、Series 7は僅かながらバッテリー容量が増加しています。

【バッテリー容量】
・40mm S6:1.024 Wh
・41mm S7:1.094 Wh (6.8%増加)

・44mm S6:1.17 Wh
・45mm S7:1.189 Wh (1.6%増加)

また、内部構造はSeries 6に似ているものの、かつて診断ポートがあった箇所のブラケットが取り除かれているなどの小さな違いがあり、スピーカーグリルがメッシュで覆うなどの新たな防塵・防滴対策も施されています。

(内部構造:左がSeries 7/45㎜、右がSeries 6/44㎜)

(スピーカーグリル:上がSeries 7、下がSeries 6)

ディスプレイについては新しい技術が搭載されており、「iPhone 13」と同じタッチ一体型の有機ELディスプレイが採用されているものとみられています。

なお、修理し易さを示すスコア(点数が高い方が修理し易い)は10点満点中6点で、プラス面はモジュール式の内部構造でディスプレイとバッテリーに簡単にアクセス出来ることなどが挙げられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。