Microsoft、米国で「Surface Duo 2」を発売 − 日本では来年前半

現地時間10月21日、Microsoftが、米国でAndroid搭載2画面デバイス「Surface Duo 2」を発売しました。

「Surface Duo 2」は、SoCにQualcomm Snapdragon 888を搭載し、5Gに対応した他、1画面5.8インチ、全開時で8.3インチの90Hz対応ディスプレイを搭載しており、ヒンジ部分のエッジがカーブを描いていて、折り畳んだ際に通知や時計を確認することが可能です。

また、RAMは8GB、ストレージ容量は128GBと256GBが用意され、Bluetooth 5.0とNFCを搭載しています。

本モデルから新たにリアカメラが搭載され、リアカメラは広角(1,200万画素/F1.7/光学手ブレ補正)、超広角(1,600万画素/F2.2)、望遠(1,200万画素/F2.4/光学手ブレ補正)の3眼カメラとなっており、最新のスタイラスペンである「Surface Slim Pen 2」にも対応し、磁力で「Surface Duo 2」にくっつけて「Surface Slim Pen 2」をワイヤレスで充電することが可能となっています。

OSはAndroid 11で、カラーはシルバー(グラシア)とブラック(オブシディアン)の2色。米国での価格は1,499.99ドルからで、日本でも来年前半に発売予定です。

Surface Duo 2 – Microsoft

海外サイトのレビュー

早速、米国のテック系サイトが「Surface Duo 2」のレビュー記事を公開しているのですが、その総評はどこも似た結果になっており、良い点と悪い点をまとめると下記の通り。

【良い点】
・斬新なデザイン
・ハードウェアの造りが良い事
・ヒンジが頑丈
・マルチタスク機能
・明るいディスプレイ

 

【悪い点】
・初代モデルから不評の一つだったソフトウェアがバギー
・カメラアプリがお粗末
・価格が高い
・カメラの出っ張り
・実際に使うには不便なフォームファクター

なお、海外サイトのレビュー記事は下記リンク先をご覧下さい。

The Verge
Windows Central
Engadget
Android Police

「Surface Duo 2」ではディスプレイ間の隙間がより小さくなっている事が良く分かる画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。