「Apple Watch Series 7」の高速充電には5W以上のUSB-C PD電源アダプタが必要

本日発売された「Apple Watch Series 7」は新しくなった充電アーキテクチャと高速充電USB-Cケーブルにより「Series 6」より最大33%速く充電可能ですが、Appleが「Apple Watch Series 7」の充電に関するサポートドキュメントを公開しています。

サポートドキュメントでは「Apple Watch Series 7」の高速充電に関する詳細が案内されているのですが、まず「Apple Watch Series 7」を高速充電するには、同モデルにも同梱されている「Apple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブル」が必要となっています。

次に、以下の電源アダプタのいずれかが必要となります。

  • Apple純正の18W、20W、29W、30W、61W、87W、96WのいずれかのUSB-C電源アダプタ
  • 5W以上のUSB Power Delivery(USB-PD)に対応した同等のサードパーティ製USB-C電源アダプタ

以上のことから、「Apple Watch Series 7」の高速充電には5W以上のUSB-PD対応充電器があれば問題ないことになり、約45分でバッテリーを0から80%まで充電出来ます。

また、アルゼンチン、インド、ベトナムでは高速充電は利用できないとも案内しており、これらの国で利用出来ない理由は明らかにされていません。

About fast charge on Apple Watch Series 7 – Apple

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。