「Apple Watch Series 7」は診断用の隠しポートを搭載せず − ワイヤレスで対応か

(Apple Watch Series 3の診断用隠しポート)

歴代の「Apple Watch」シリーズにはバンドを取り付ける箇所の奥にAppleが故障時などの診断用に利用する隠しポートが搭載されているのですが、MacRumorsによると、明日発売される「Apple Watch Series 7」ではこの診断用の隠しポートが廃止されていることが分かりました。

昨晩より「Apple Watch Series 7」のレビュー記事が解禁になりましたが、「Apple Watch Series 7」には診断用の隠しポートが搭載されていないことが確認されています。

AppleがFCC(米連邦通信委員会)に提出した「Apple Watch Series 7」の申請内容から、「Apple Watch Series 7」には60.5GHzのワイヤレスデータ転送を可能にする新しいモジュールが搭載されていることが明らかになっており、恐らく、今後はこのワイヤレスデータ転送モジュールを利用してワイヤレスで診断を行うものとみられています。

なお、このワイヤレスデータ転送モジュールは、対応する磁気ドックに「Apple Watch」を置いた時のみ起動するようになっており、Appleはこのドックに「Apple Watch」を置いて診断やwatchOSの復元などをワイヤレスで行うものと予想されます。

Apple Watch – Apple

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。