「macOS 12 Monterey beta 10」では「Safari」や「ユニバーサルコントロール」に変更が加えられていることが明らかに

本日、Appleが開発者に対し「macOS 12 Monterey beta 10」をリリースしましたが、本ベータ版では「Safari」や「ユニバーサルコントロール」に変更が加えられていることが分かりました。

Safari

「macOS 12 Monterey」の「Safari」はユーザーインターフェイスが刷新されているのが特徴で、これまでのベータ版ではお気に入りバーはタブの下に位置していたのですが、本ベータ版からは以前と同じくタブの上に表示されるようになっています。

ユニバーサルコントロール

次に、1つのキーボード、マウス、トラックパッドを使って、MacとiPadの間でシームレスに作業できるようになる機能の「ユニバーサルコントロール」では、本ベータ版より新たに”Beta”のラベルが追記されていることが確認されています。

これにより同機能は「macOS 12 Monterey」の正式リリースには間に合わず、遅れての提供になるのではないかと予想されています。

[via 9To5Mac

「iPadOS 15」の新機能「ユニバーサルコントロール」、年内にソフトウェアアップデートで提供へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。