iFixit、「iPad mini (第6世代)」の分解動画を公開 − ジェリースクロールは液晶のコントローラーボードの配置が関係か

iFixitが、先日発売された「iPad mini (第6世代)」の分解動画を公開しています。

「iPad mini (第6世代)」ではディスプレイをスクロールした際にゼリーが揺れるように画面が揺れる、または歪むように見えるジェリースクロール(別名:ゼリースクロール)の問題が話題となっているものの、Appleとしては不具合ではなく、仕様の範囲内と考えていることが分かりましたが、iFixitはこの問題の原因ではないかとみられる内部構造について指摘しています。

「iPad mini (第6世代)」では下記画像の通り、ディスプレイのコントローラーボードが左側に縦向きに取り付けられており、ポートレートモードで同様の問題が発生しない「iPad Air」では同ボードがディスプレイの上部に横向きに取り付けられているそうです。

このことから、「iPad mini (第6世代)」ではポートレートモード時にジェリースクロールの問題が発生するのではないかとみられています。

また、同モデルには安価なディスプレイパネルが採用されている可能性があることも指摘しています。

なお、同モデルの修理し易さを示すスコアは10点満点中3点(スコアが高い方がユーザー自身で修理し易い)とかなり低いスコアとなっており、接着剤を使用している箇所が多過ぎることなどがスコアを下げる要因となっているようです。

「iPad mini (第6世代)」のジェリースクロールは液晶ディスプレイの仕様 − Appleが明らかに 「iPad mini (第6世代)」でジェリースクロールの問題が報告される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。