「iOS 15」に「メッセージ」アプリから保存した写真が消えるバグの存在が明らかに

MacRumorsによると、「iOS 15」の「メッセージ」アプリから保存した写真が消えてしまうバグが存在することが分かりました。

そのバグは、「iOS 15」の「メッセージ」アプリで受信・送信した写真をカメラロールに保存した後に、その会話全体を削除し、iCloudバックアップを実行すると写真が消えてしまうといったもの。

特定の手順を踏まなければ削除はされないものの、「メッセージ」アプリを頻繁に使用している方は注意が必要です。

なお、現在のところ「iOS 15.1」の最新ベータ版でもこのバグは修正されていないことが確認されています。

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。