「MagSafe充電器」利用時のピーク電力、「iPhone 13 mini」は「iPhone 12 mini」と同じく最大12Wに制限

本日の「iPhone 13」の発売に合わせ、Appleが「MagSafe 充電器」に関するサポートドキュメントを更新し、「iPhone 12 mini」に続き、「iPhone 13 mini」でも同充電器を利用した際のピーク電力は最大12Wに制限されていることが明らかになりました。

「MagSafe 充電器」は「iPhone 12/13」シリーズで最大15Wの電力供給で高速ワイヤレス充電が可能となっていますが、「iPhone 12 mini」では最大12Wの電力供給に制限されており、後継モデルである「iPhone 13 mini」でも引き続き最大12Wに制限されることが確認されました。

“mini”シリーズのみ最大12Wに制限されている理由は明らかにされていませんが、本体サイズが小さい為、熱問題などにより低く制限されているのではないかとみられています。

なお、詳細は下記のサポートドキュメントをご覧下さい。
(日本語版は記事投稿時点ではまだ未更新です)

How to use your MagSafe Charger with iPhone 12 models and later
MagSafe 充電器を iPhone 12 モデルで使う方法

[via MacRumors

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。