Apple、「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」を正式に発表

本日、Appleが、「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」を正式に発表しました。

「iPhone 13」では引き続きフラットエッジデザインを採用し、ディスプレイ上部のノッチが20%小型化されています。

リアカメラは1,200万画素の広角カメラと1,200万画素の超広角カメラが斜めに配置され、センサーシフト式手ぶれ補正技術を搭載しています。

カラーはピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、PRODUCT(RED)の5色が用意され、内部構造を見直してより大きなバッテリーを搭載しており、ディスプレイは28%明るくなっています。

また、2つの高性能コアおよび4つの高効率コアの6コアCPUと4コアのGPUを搭載した「A15 Bionic」チップを搭載し、16コアのNeural Engineも内蔵されています。

5G通信はより多くの周波数に対応し、60の地域と国の200以上のキャリアに拡大され、バッテリー駆動時間は、「iPhone 13 mini」は「iPhone 12 mini」に比べ1.5時間、「iPhone 13」は「iPhone 12」より2.5時間長くなっています。

価格は「iPhone 12」シリーズから据え置きで、「iPhone 13 mini」は699ドルから、「iPhone 13」は799ドルからとなっており、ストレージ容量は128GB/256GB/512GBが用意されます。

なお、9月17日(金)に予約注文の受付を開始し、9月24日(金)に発売されます。

iPhone – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。