ソフトバンク、「SoftBank Air」に5G対応プランを追加 − 5G対応モデルも発売へ

本日、ソフトバンクが、宅内機器を設置するだけでWi-Fiによる高速インターネットを利用できる「SoftBank Air」の新プランとして、4Gと5Gの両方に対応した「Air 4G/5G 共通プラン」の提供を明日から開始すると発表しました。

これまで同様にデータ容量の制限と総量規制はなく、月額基本料金(月額4,880円はそのままで契約期間も契約解除料もないとのこと。

さらに、「Air 4G/5G 共通プラン」を利用すると、利用中の固定電話の電話番号と電話機をそのまま使え、電話料金がお得なサービス「おうちのでんわ」の基本料金が、新たに開始するキャンペーン「Air 4G/5G 共通プラン限定!SoftBank Air とおうちのでんわでずーっと割引」と「でんわまとめて割」の適用により、2021年12月から実質無料になります。

また、5Gに対応した「Air ターミナル 5」を10月より発売することも発表され、明日から予約受付を開始するとのこと。

「Air ターミナル 5」は、5G対応により下り最大通信速度が従来機種より大幅に高速化し、2.1Gbpsを実現ており、WiFi規格もIEEE802.11ax(4×4 MIMO)に対応したことにより、Wi-Fi接続による下り最大通信速度も2.1Gbpsの高速インターネットを実現しています。

なお、価格については、月月割を適用し、36カ月間購入機種を利用することで実質0円で購入可能です。

ニュースリリース①
ニュースリリース②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。