「Apple Watch Series 7」の製造上の問題が解決した模様 − 9月下旬に発売へ

先日、「Apple Watch Series 7」は製造上の問題で出荷が遅れる可能性があると報じられましたが、MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは「Apple Watch Series 7」の製造上の問題を解決し、9月中旬から下旬にかけて量産を開始し、9月下旬に予定通り発売すると報告していることが分かりました。

「Apple Watch Series 7」は製造上の問題は、主にディスプレイに関連していると言われていますが、それは既に解決されたようで、9月中旬よりディスプレイパネルのモジュールの量産も開始される予定とのこと。

「Apple Watch Series 7」は「iPhone 12」や「iPad Pro」のようなフラットなエッジのデザインを採用すると言われていますが、この大幅なデザイン変更に伴い、従来モデルよりも多くの製造工程を経なければいけない模様。

また、Apple Insiderによると、同氏は2022年に発売される「Apple Watch Series 8」には温度センサーなどの高度な健康管理機能が搭載されるとも報告しており、「AirPods」についても今後2年以内に健康管理機能が搭載されると予測しているようです。

「Apple Watch Series 7」のディスプレイサイズや解像度など一部詳細が明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。