「Xbox Series S」は来年後半、「Xbox Series X」は2023年後半に新モデル投入か

CPUやゲーム関連の情報をリークしているMoore’s Law Is Deadが、Microsoftの「Xbox」シリーズの将来のモデルチェンジに関する情報を報告しています。

その情報によると、Microsoftの「Xbox Series S」は2022年に、「Xbox Series X」は2023年にアップデートされる予定で、AMDの新しい6nm APUが採用されるとのこと。

「Xbox Series S」は、2022年後半の同時期に発売が予想される「PlayStation 5 Slim」に対抗するためにアップデートを準備しており、新型「Xbox Series S」は現行モデルのハイスペック版になると言われています。

新型の発売に合わせ、現行の「Xbox Series S」の価格を189〜249ドルに値下げすることで、より多くのユーザーをXboxプラットフォームに誘導したいと考えている模様。

また、新型の価格は350ドル以下を目指しており、現行モデルのGPU性能は4TFLOPSですが、新型では5TFLOPS以上の性能を備えている可能性があるとのこと。

なお、「Xbox Series X」も2023年後半に6nmプロセスへのアップデートが予定されているものの、こちらのモデルの仕様や価格に関しては何も言及されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。