「Apple Watch Series 7」に血圧測定機能が搭載されるとの噂をBloombergの著名記者が否定

昨日、Nikkei Asiaが「Apple Watch Series 7」は製造上の問題で出荷が遅れる可能性があると報じ、その中で同製品には血圧測定機能が搭載されると報じていますが、Apple関連のリーク情報では多数実績があるBloombergのMark Gurman氏が、「Apple Watch Series 7」への血圧測定機能の搭載を否定しています。

同氏はTwitterでNikkei Asiaの血圧測定機能搭載報道についてコメントを求められたのに対し、「No Chance(あり得ない)」と述べています。

なお、これまでの噂では、「Apple Watch Series 7」はフラットなエッジデザインを採用し、ケースサイズは41㎜と45㎜の2サイズ構成で、ディスプレイも大型化されると言われています。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。