Apple、「Apple Watch」のチャレンジ企画「国立公園チャレンジ」を8月28日に開催へ

9To5Macによると、Appleは、現地時間の8月28日に「Apple Watch」のチャレンジ企画「国立公園チャレンジ」を開催することが分かりました。

「国立公園チャレンジ」は2017年より毎年開催されていて、今年で5回目となっており、ウォーキング、ランニング、車椅子、ランのいずれかでワークアウトを1マイル(1.6㎞)以上行うとクリアとなっており、クリアすると限定バッジやiMessage用ステッカーが貰えます。

なお、同チャレンジは毎年日本でも開催されているので、今年も同日に開催されるものと予想され、8月20日以降に正式に発表されるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。