次期「iPad Air」は「iPad Pro 11インチ (第3世代)」のデザインがベースに?? − 次期「iPad mini」はデザインが変わらない可能性が浮上

Macお宝鑑定団Blogが、中国のサプライヤーからの情報として、次期「iPad Air」は「iPad Pro 11インチ (第3世代)」の筐体をベースとしたデザインになるようだと報告しています。

次期「iPad Air」は、10.9インチのLiquid Retinaディスプレイと電源ボタン内蔵型のTouch IDは継続され、リアカメラは広角カメラと超広角カメラの2眼カメラとなるようで、LiDARスキャナが搭載されるのかどうかは不透明な模様。

また、スピーカーは4つ搭載され、5G NR mmWaveにも対応するとのこと。

次に、次期「iPad」と次期「iPad mini」に関しては、デザインは変わらないとの情報があるようで、搭載されているチップがA14 Bionicチップにアップグレードされるだけの可能性があるとのこと。

これら2モデルの筐体デザインの変更は2022年以降になる可能性があると報じています。

1 COMMENT

匿名

iPad miniの噂、
果たしてどちらが本当なのか、
それとも両方とも本当なのか。
(iPad Pro miniの噂、ありましたよね?)

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。