来年発売の「iPhone 14」シリーズではMiniモデルは廃止され、6.7インチの「iPhone 14 Max」を追加か

Nikkei Asiaが、関係者の話として、Appleが来年発売する「iPhone 14」シリーズでは”Mini”モデルは廃止されるようだと報じています。

「iPhone 14」シリーズは、6.1インチモデルが2種類、6.7インチモデルが2種類の計4モデル構成になり、”Mini”モデルの代わりに、6.7インチでコストパフォーマンスに優れたモデル(iPhone 14 Max?)が追加される模様。

ただ、現時点ではこの4モデルの詳細な仕様についてはまだ確定していないようです。

3 COMMENTS

匿名

Mini廃止は分かるけどMaxを2種類は信じがたい
6.1インチが小さいって人そんなにいるの?

返信する
匿名

MAX単体はmini以下の販売数だが無印とProが結構売れてるからね
型枠流用でお手軽に売れるならアリかも

返信する
匿名

これまで大画面=高機能&高価格がセットだったのを分離するわけですね。MAXは売れてるからこれは歓迎されそう。
miniはレギュラー化は難しいのかもですが2〜3年おきでも維持して欲しいですね…。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。