「iPhone 13」シリーズのリアカメラ部分がより大きくなることが良く分かる画像が登場

今秋発売の「iPhone 13」シリーズはリアカメラ部分の出っ張りが一回り大きくなると言われていますが、「iPhone 12 Pro」に「iPhone 13 Pro」用とされるケースを装着してみた写真が中国のWeiboにて公開されました。

その写真が上記画像ですが、これまでの情報通り、リアカメラ部分の穴がかなり大きくなっていることがよく分かる画像となっています。
(訂正:写真を公開したユーザーの説明に誤りがあり、「iPhone 12 Pro Max」ではなく「iPhone 12 Pro」に「iPhone 13 Pro」用ケースを装着した写真だった為、訂正しました)

また、新たに「iPhone 12 Pro Max」に「iPhone 13 Pro Max」用のケースを装着した写真(下記画像)も公開され、リアカメラ部分は「iPhone 12 Pro」から「iPhone 13 Pro」ほど大きくはならないようです。

ちなみに、これまでに明らかになっている「iPhone 13」シリーズの本体サイズの情報をまとめると下記の通り。
(iPhone 12シリーズはAppleが公開している仕様とガイドラインのデータから引用)

iPhone 13 mini

製品名iPhone 13 miniiPhone 12 mini
高さ131.5㎜131.5㎜
64.2㎜64.2㎜
厚さ7.57-7.60㎜7.40㎜
カメラの出っ張り部分の厚さ2.50㎜1.51㎜
カメラの出っ張り部分の高さ28.26㎜28.40㎜
カメラの出っ張り部分の幅28.27㎜25.21㎜

iPhone 13

製品名iPhone 13iPhone 12
高さ146.7㎜146.7㎜
71.5㎜71.5㎜
厚さ7.60㎜7.40㎜
カメラの出っ張り部分の厚さ1.51㎜
カメラの出っ張り部分の高さ29.00㎜
カメラの出っ張り部分の幅26.82㎜

iPhone 13 Pro

製品名iPhone 13 ProiPhone 12 Pro
高さ146.7㎜146.7㎜
71.5㎜71.5㎜
厚さ7.60㎜7.40㎜
カメラの出っ張り部分の厚さ2.83㎜1.72㎜
カメラの出っ張り部分の高さ30.49㎜
カメラの出っ張り部分の幅28.32㎜

iPhone 13 Pro Max

製品名iPhone 13 Pro MaxiPhone 12 Pro Max
高さ160.8㎜
78.1㎜
厚さ7.65㎜7.40㎜
カメラの出っ張り部分の厚さ3.65㎜2.79㎜
カメラの出っ張り部分の高さ37.62㎜34.21㎜
カメラの出っ張り部分の幅36.56㎜31.76㎜

[via cnBeta

「iPhone 13 Pro Max」のリアカメラ部分はやはり一回り大きくなる模様

4 COMMENTS

匿名

でかっ!
これじゃiPhone 12 miniでギリギリな純正ウォレットはどうなるのかと思いましたが、表を見るとminiの場合はカメラ部の縦幅は維持されるんですね

返信する
匿名

ここまでカメラユニットが大きくなるということは、
超広角が6枚レンズ+手ぶれ補正が付くことが間違えなさそうですね。

返信する
匿名

どんどんダサくなるな… フラットな背面にするのは意図的に止めてるのかな。裸持ち推奨路線は止めちゃって純正でもケース売ってるから??

返信する
匿名

Proの2機種はカメラありきだから別に構わないけどね
miniと無印は小さい方がありがたいけど

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。