Twitter、一部ユーザー向けに「チケット制スペース」と「スーパーフォロー」の提供を開始

本日、Twitterが、クリエイター収益化のための新サービス「Ticketed Spaces(チケット制スペース)」と「Super Follows」の提供を一部ユーザーに向け開始しました。

チケット制スペース

「チケット制スペース」は、600人以上のフォロワーを持つアカウントがホスト可能な音声チャットルーム機能「Spaces(スペース)」への参加をチケット制にするもので、チケット代は1ドル~999ドルの間で設定でき、チケット代の3%(収益が5万ドル以上の場合は20%に)がTwitterの手数料として天引きされ、約45日後に入金されます。

現時点の参加資格は18歳以上で1,000人以上のフォロワーを擁し、過去30日間にスペースを3件以上ホストした実績があることとなっており、同機能はiOSとAndroid向けアプリで利用可能となっています。

Super Follows

「Super Follows」は、月額の料金を支払うフォロワーにバッジやボーナスコンテンツを提供するサービスで、利用条件は1万人以上のフォロワーを擁し、過去30日間に25回以上ツイートしていることとなっており、現時点ではiOS向けアプリで利用可能です。

また、月額料金は、2.99ドル、4.99ドル、9.99ドルから選択する形となっており、Twitter側の手数料などは「チケット制スペース」と同じ仕組みとなります。

なお、両機能とも現時点では米国内のユーザーのみを対象に募集を開始しているとのことですが、日本語版のiOS向けアプリでは「設定>収益を得る>収益オプション」に「チケット制スペース」の参加ボタンが用意されています。(筆者は参加資格をクリア出来てないので、実際に参加申込みが出来るかどうかは未確認です)

公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。