「Apple Watch Series 7」は狭額縁化されたディスプレイを搭載 − 体温センサーや血糖値センサーの搭載は来年以降に

Bloombergが、Appleが今秋に発売する新型「Apple Watch」に関する最新情報を報じています。

新型「Apple Watch」こと「Apple Watch Series 7」では、より高速なプロセッサとワイヤレス接続の改善、ディスプレイのアップデートが特徴となり、年内に発売することを計画しているとのこと。

Appleはベゼルがより狭くなったディスプレイに加え、有機ELパネルとカバーガラスの距離を縮める新しいラミネーション技術をテストしているようで、本体の厚みは現行モデルよりも僅かに増すようですが、ユーザーが気付くレベルではなく、他にはアップデートされた超広帯域無線通信機能(UWB)が搭載される模様。

なお、Appleは「Apple Watch Series 7」に体温センサーの搭載も計画していたものの、来年のモデルに延期される可能性が高くなったようで、予てから噂されている血糖値測定機能に関しても実用化にはまだ数年かかる見通し。

「Apple Watch Series 7」はこんな感じに?? − 最新のリーク情報から作成されたレンダリング画像公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。