次期「iPad mini」はこんな感じに?? − 最新のリーク情報に基づいたレンダリング画像が公開される

次期「iPad mini」はベゼルレスのデザインが採用されると噂されていますが、著名リーカーのJon Prosser氏が、その次期「iPad mini」のレンダリング画像を公開しています。

レンダリング画像はリーク情報をもとに作成されており、次期「iPad mini」は「iPad Pro」シリーズなどと同じくホームボタンが廃止されたベゼルレスのデザインが採用され、本体サイズは206.3×137.8×6.1mmで現行モデル(203.2×134.8×6.1㎜)とほぼ同じであるものの、ディスプレイサイズが大型化されます。

また、Touch IDを内蔵した電源ボタンが搭載される他、LightningポートがUSB-Cに置き換えられる模様。

さらに、「A14」チップを搭載し、セルラーモデルでは5G通信に対応するとのこと。

なお、カラーラインナップは、シルバー、ブラック、ゴールドの3色展開になり、同モデルの発売に合わせてより小型のApple Pencilが登場する可能性もあるようで、年内に発売される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。