Apple、「iOS 15」と「iPadOS 15」以降は旧OS向けにセキュリティアップデートを提供へ

本日、Appleが「iOS 15」を発表しましたが、「iOS 15」からはソフトウェアアップデートが2つのから選択可能になり、旧バージョン(iOS 14)のままでセキュリティアップデートのみを受信することが分かりました。

これは過去に「iOS 14.5」のベータ版で見つかっていた機能で、「iOS 15」が正式リリースされた際に「iOS 14」からアップデートして最新機能と最も完全なセキュリティアップデートを利用するか、次のメジャーバージョンにアップグレードする準備が整うまで「iOS 14」のままでセキュリティアップデートのみを受け取る方法の2通りから選択可能になります。

(同機能の説明)

例年、最新の「iOS」がリリースされた直後は色々とバグや不具合が報告されることも多いので、「iOS 15」が安定するまで「iOS 14」を維持したいユーザー向けの対応となっています。

なお、同様の対応は「iPadOS 15」でも導入されます。

New features available with iOS 15. – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。