iFixit、「Apple TV 4K (2021)」と「Siri Remote」の分解レポートを公開

iFixitが、「Apple TV 4K (2021)」と「Siri Remote」の分解レポートを公開しています。

先日、分解動画が先行して公開されていましたが、完全な分解レポートが公開されました。

分解レポートに使用されているのは32GBモデルで、搭載されている「A12 Bionic」チップは「iPhone XS」などに搭載されたものと同じチップで、RAMはMicron製となっていますが、RAMの容量は不明。32GBのストレージはSK Hynix製となっています。

また、先日の動画でも明らかになっている通り、「Siri Remote」のバッテリーは交換可能なコネクタ接続式となっており(分解が難しいのでユーザー自身での交換はほぼ不可能ですが)、バッテリー容量は1.52Whとなります。

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中8点(スコアが高い方が修理し易い)で、修理し易い理由としては、部品が少ないことや各種部品がモジュラー構造であること、はんだ付けが少ないことなどが挙げられており、マイナス面としてはI/Oポートのほとんどがロジックボードにはんだ付けされていることが挙げられています。

Apple TV 4K 2021 Teardown
Apple TV 4K – Apple

iFixit、新型「Apple TV 4K」と「Siri Remote」の分解動画を公開 − 「Siri Remote」のバッテリーは一応交換可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。