SamsungとLG、「iPhone 13」シリーズ向け有機ELディスプレイを生産開始

The Elecが、関係者の話として、Samsung DisplayとLG Displayの2社がAppleの新型「iPhone」こと「iPhone 13」シリーズ向け有機ELディスプレイの生産を開始したようだと報じています。

Samsung Displayは今月中旬より生産を開始しており、LG Displayは最近生産を開始したそうで、これは昨年の「iPhone 12」の時よりも1ヶ月早い模様。

Appleからの要請で昨年よりも早く生産を開始しており、昨年の「iPhone 12」シリーズは新型コロナウィルスの感染拡大により例年よりも発売が1ヶ月遅れたことや発売当初は供給が追いつかなかったこともあり、今年は早めに部品を確保して昨年と同じ状況になることを避ける狙いがあるのではないかとみられています。

なお、Samsung Displayは「iPhone 13」シリーズ向けに8,000万枚の有機ELパネルを製造する予定で、LG Displayは3,000万枚を製造する予定とのこと。

また、Samsung製はLTPO技術を採用し、120Hzのリフレッシュレートに対応した有機ELディスプレイを供給し、このディスプレイは「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」に採用され、LG Displayは「iPhone 13/13 mini」向けに低温ポリシリコン(LTPS)技術を採用した有機ELディスプレイを供給するようです。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。