新型「Nintendo Switch」は今年9〜10月に発売か − まもなく発表される可能性も

任天堂は新型「Nintendo Switch」を年内に発売すると噂されていますが、本日、Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者の話として、新型「Nintendo Switch」は今年9〜10月に発売される予定だと報じています。

早ければ7月から任天堂に新型「Nintendo Switch」の出荷が開始され、今年度の生産のピークは10〜12月になるとのこと。

また、価格は部品がより高価であるほか、中国での人件費増加により、現行モデル(32,978円)より高くなる可能性があるそうです。

なお、6月12日に開幕するゲーム見本市「E3 2021」で一部のゲーム開発会社が「Nintendo Switch」向けの新作ゲームを発表する予定で、任天堂がそれに先立ち間もなく新モデルを発表する可能性もあるとのこと。

これまでの情報では、新型「Nintendo Switch」のディスプレイサイズは現行モデルの6.2インチより一回り大きい7インチ(1280×720ピクセル)になり、4K出力対応やディスプレイ周りのベゼルが狭くなるとも言われており、これまでの情報は下記エントリをご覧下さい。

新型「Nintendo Switch」はやはり有機ELディスプレイを採用か 「Nintendo Switch」の最新のファームウェアアップデートから4K出力などの新モデルに関する情報が見つかる 新型「Nintendo Switch」、NVIDIA製の新型チップ搭載でやはりDLSS対応か 新型「Nintendo Switch」は年内に発売か − 7インチの有機ELディスプレイ採用で4K出力にも対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。