台湾TSMC、「iPhone 13」シリーズ向けの「A15」チップを生産開始か

MacRumorsによると、台湾のDigiTimesが、業界筋の話として、「iPhone 13」シリーズに搭載予定の「A15」チップの生産が開始されたようだと報じていることが分かりました。

「A15」チップの生産は台湾のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)が請け負うようで、同社が生産を正式に開始したとのこと。

当ブログの過去の記事を見ても、毎年5月頃に新型「iPhone」向けチップの生産が開始されたとの情報が出て来ている為、ほぼ予定通りといった感じでしょうか。

「A15」チップの詳細はまだ不明ですが、現行の「A14 Bionic」チップと同じく5nmプロセスが採用されるものとみられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。