IIJmio、6月1日より「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」向けに5Gオプションやデータ容量シェア機能などを提供開始へ

本日、IIJmioが、4月よりサービスを開始した新プラン「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」に、同一契約内の複数の回線でデータ容量のシェアや移行(プレゼント)ができる機能などを6月1日より追加することを発表しました。

追加される機能とその詳細は下記の通り。

データ容量のシェア

同一契約(同一ID)内のギガプラン回線の中で、データ容量をシェアできる機能で、一つのIDで最大10回線まで利用でき、シェアしたい複数の回線を一つのグループ(シェアグループ)にし、そのグループ内で合算したデータ容量を分け合うことが可能です。

シェア機能はいつでも解除することができ、SIMの種類(音声SIM、データ通信専用SIM、eSIM等)や容量(2GB~20GB)に関係なく利用可能です。グループを解除する際は、データ容量の移行(プレゼント機能)を利用し、余ったデータ容量を他の回線に配分することが可能。

データ容量の移行(プレゼント)機能

同一契約(同一ID)内の回線において、データ容量を移すことができ、例えば、データ容量が不足している回線に対し、他の回線のデータ残量から10MB単位でデータ容量を移行(プレゼント)することが可能です。

5Gオプション

会員専用サイトから「5Gオプション」を申し込むことで利用可能エリアにて5G通信を利用出来るもので、本オプションは無料です。

なお、利用可能なエリアは、タイプDはNTTドコモの5Gエリア、タイプAはauの5Gエリアに準じます。

ギガプラン専用の追加データ量(クーポン)

データ容量が不足したときに、IIJmioのWebサイトから1GB/220円(税込)で毎月最大20枚までデータ量(クーポン)を購入し追加できます。

ギガプラン会員専用アプリ「My IIJmio」(6月以降提供予定)

ギガプラン専用のスマホアプリ「My IIJmio」から、データ残量の確認、高速通信のON/OFF、過去のデータ利用量の確認などが可能になります。

「ギガプラン専用の追加データ量(クーポン)」以外は全て無料で利用可能で、6月1日より提供が開始され、「ギガプラン専用の追加データ量(クーポン)」は6月以降の提供予定となっています。

また、ギガプランは4月1日の提供開始以来、約35万回線(5月10日時点)の申込みがあったことや、2021年6月1日より、全国のビックカメラグループやヨドバシカメラ等の専用カウンターにおいて、音声通話機能付きSIMカードの即日開通に対応することも発表されており、今回の発表の詳細は下記リンク先をご覧下さい。

IIJmio
ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。