M1チップ搭載の新型「iPad Pro」のベンチマークスコアが明らかに − 前モデルから50%以上高速化

Appleは今月後半にM1チップを搭載した新型「iPad Pro」シリーズを発売しますが、MacRumorsによると、その新型「iPad Pro」のGeekBenchのベンチマークスコアが明らかになりました。

GeekBenchに投稿された新型「iPad Pro 12.9インチ」のものとみられるベンチマーク結果から、シングルコアの平均スコアは1718、マルチコアは7284となっており、A12Zチップを搭載した「iPad 12.9インチ (第4世代)」のスコアが1121と4656なので、新型「iPad Pro」は約56%も高速化されていることになります。

Appleは公式サイトで新型「iPad Pro」のパフォーマンスは旧モデルに比べて最大50%高速化されていると謳っていますが、これを証明した形となっています。

また、下記がマルチコアのスコアの他のApple製品との比較ですが、同じM1チップを搭載する「MacBook Air」とはほぼ同じスコアとなっています。

【GeekBench 5のマルチコアのスコア】
・M1 MacBook Air:7,378
・M1 iPad Pro:7,284
・Core i9 MacBook Pro 16インチ:6,845
・A12Z iPad Pro:4,656

なお、グラフィックス性能については、Metalの平均スコアは20578となっており、A12Zチップを搭載した「iPad 12.9インチ (第4世代)」よりも最大71%高速化されており、こちらもM1チップ搭載Macとほぼ同じスコアになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。