「Surface Neo」の試作機のハンズオン動画が公開される

Microsoftが「Surface Duo」と共に2019年に発表した「Windows 10X」搭載2画面端末の「Surface Neo」は、発売が遅れるといった情報があったものの、公式サイトからは製品ページが削除され、その後、何も音沙汰がないのですが、本日、その「Surface Neo」の試作機のハンズオン動画が公開されました。

動画を公開したのはハッカーのCalyx Hikari氏で、どのようなルートで入手したのかは不明なものの、「Surface Neo」の試作機を撮影した映像となっています。

ただ、この試作機は筐体と内部部品のみで、ディスプレイが非搭載となっています。

本体の右側はバッテリー(2270mAh)が大半を占めており、左側にもバッテリーは搭載されているものの、より小型のバッテリー(1260mAh)となっており、ポートはUSB-Cポートが1つだけで、他には電源ボタンと音量調節ボタンが搭載されています。

単なる発売延期なのか、プロジェクト自体が中止されたのかが良く分かっていない「Surface Neo」ですが、最後の情報では2022年に延期されたと噂されています。

Microsoft、「Surface Neo」の公式プロモーション動画も削除 「Surface Neo」、公式サイトから消える 「Windows 10X」、当初は1画面デバイス向けに投入へ − 「Surface Neo」の発売も遅れる模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。