「iPhone 13 Pro」シリーズ、やはりLTPOディスプレイを採用か

以前よりAppleが今秋に発売する新型「iPhone」には低温多結晶酸化物(LTPO)技術を採用した有機ELディスプレイが搭載されると言われていますが、本日、DigiTimesが、また同様の情報を報じています。

当該記事はまだ完全版が公開されていない為、タイトルと冒頭の部分のみ明らかになっていますが、業界関係者によると、Appleは今年後半に発売する「iPhone 13 Pro」にLTPO技術を採用した有機ELディスプレイを搭載するとのこと。

LTPO技術を用いた有機ELは「Apple Watch」に採用されており、低温多結晶シリコン(LTPS)と酸化物の利点を組み合わせた薄膜トランジスタ(TFT)で、リフレッシュレートを1~120Hzで切り替えることが出来る可変リフレッシュレートが可能になり、消費電力を大幅に削減可能と言われています。

なお、これまでの情報では、このディスプレイに関してはSamsung Displayが独占的に供給するとも言われています。

Samsung Display、Apple向けLTPO 有機ELディスプレイを今年前半より製造開始か 「iPhone 13 Pro」シリーズのディスプレイ、LTPO技術採用で最大120Hzの可変リフレッシュレートに対応との情報が再び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。