「iPhone SE」、2023年モデルで6.1インチのパンチホールディスプレイを採用との噂

ディスプレイのサプライチェーンに関する情報を提供しているメディア「DSCC」のRoss Young氏が、「iPhone SE」の次期モデルに関する情報をTwitterで公開しています。

同氏の情報によると、2022年に発売される次期「iPhone SE」は現行と同じ4.7インチディスプレイを採用し、5G(Sub-6GHz)対応となるとの噂もあるそうです。

また、2023年に発売される次世代モデルでは、6.1インチのパンチホールディスプレイを採用するとの情報もあるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。