Twitter、ライブ動画配信サービス「Periscope」を終了

現地時間3月31日をもって、Twitterが「Periscope」のサービスを終了しました。

「Periscope」はライブ動画配信サービスで、2015年1月にTwitterが買収し、その後、Twitterが公式アプリにライブ動画配信機能を追加したこともあり、昨年12月に3月31日をもって単体サービスとしての提供を終了すると発表されていました。

サービス終了に伴い、新規アカウントの作成は昨年12月で出来なくなっていましたが、既に各ストアでのアプリの提供も終了されています。

なお、過去に公開されたライブ放送は引き続きPeriscopeのウェブサイトで視聴可能です。

Twitter、ライブ動画サービス「Periscope」を2021年3月末をもって終了へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。