Apple、耐衝撃性や保護機能を強化した「G-SHOCK」のような「Apple Watch」の新モデルを開発中か

本日、Bloombergが、事情に詳しい関係者の話として、Appleはスポーツ選手や登山家など極端な環境で腕時計を使うユーザーを想定し、耐性を強化した「Apple Watch」の導入を検討しているようだと報じています。

その新型「Apple Watch」は、社内では「Explorer Edition」と呼ばれており、カシオの「G-SHOCK」のように耐衝撃性や保護機能を強化した製品になる見込みで、耐衝撃性能を強化する為に外装にラバー加工を施すことを検討しているとのこと。

なお、このモデルは早くて年内ないし2022年中に発売する方向で社内協議が行われているとのことですが、開発が中止または延期される可能性もあるそうです。

また他にも、Appleは新しいスイムトラッキング機能の開発も行っているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。