Apple、「iWork for Mac」の各アプリをアップデート − メディアブラウザのアップデートなど

本日、Appleが「iWork for Mac」の各アプリをアップデートし、「Pages 11.0」「Numbers 11.0」「Keynote 11.0」をリリースしました。

このアップデートによる各アプリの変更点は下記の通りで、各アプリとも無料で、アップデートはMac App Storeより可能です。

Pages 11.0の新機能

  • AppleScriptの機能を使用して、書類のパスワードを変更したり、パスワードで保護された書類を開いたりできます。

Numbers 11.0の新機能

  • アップデートされたメディアブラウザでは、検索オプションが強化され、“最近の項目”、“ポートレート”、“Live Photos”などの新しいコンテンツカテゴリが追加されました。
  • 表のセル、テキストオブジェクト、および図形に電話番号のリンクを追加できます。
  • AppleScriptの機能を使用して、スプレッドシートのパスワードを変更したり、パスワードで保護されたスプレッドシートを開いたりできます。

Keynote 11.0の新機能

  • プレゼンテーション中に、発表者ノート、現在のスライド、および次のスライドを別のウインドウで表示できます。
  • “ビルドの順番”ウインドウにサムネールイメージが追加され、複雑なシーケンスを編集しやすくなりました。
  • アップデートされたメディアブラウザでは、検索オプションが強化され、“最近の項目”、“ポートレート”、“Live Photos”などの新しいコンテンツカテゴリが追加されました。
  • 表のセル、テキストオブジェクト、および図形に電話番号のリンクを追加できます。
  • AppleScriptの機能を使用して、プレゼンテーションのパスワードを変更したり、パスワードで保護されたプレゼンテーションを開いたりできます。

Pages – Apple
Numbers – Apple
Keynote – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。